読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬を飼う資格が君にはあるか!?お遊びチェックリスト!

犬が欲しい。

犬が飼いたい。

しかし、私は飼える環境にありません。

犬が飼いたいという思いが高じて、犬関連の記事を読み漁り、書いたのが今回の記事です。

犬を飼いたいけれど、環境がなーという方、もしかしたら、環境が整っている可能性があるので、チェックしてみて下さい。

ただ、単なる犬を飼ってみたい一般人が、お遊びで作ったものなので、真に受けないで下さいね。

f:id:aisakayo:20170324160916j:plain

 画像ぱくたそ

 

 

1,家族の中に犬嫌いがいない。もしくはアレルギー体質がいない。

犬嫌いの家族がいるのに犬を飼った場合、犬嫌いの家族を犬が攻撃する、犬嫌いの家族が犬を攻撃し出すといった嫌な面を見る可能性があります。

アレルギー体質の家族が、今は犬のアレルギーでなくても、犬を飼った途端に、アレルギーを発症しては大変ですから、犬を飼うのはやめたほうがいいです。

 

 

 

2,犬の可愛さに勝つ自信がある。

子犬の頃に、甘やかしてしまったため、わがままに育った犬というのがすごく多いのだそうです。

犬の画像を見ているだけで、「かわいー」と強く思うので、実物は何倍も可愛いはず。

そんな可愛い犬が私の目の前に現れたら、甘やかしたくて仕方ないです。

甘やかしてしまう理由は可愛い上に、子犬なので、吠えてもうるさくないし、甘噛みしても痛くないからだそう。

可愛さに負け、甘やかしてしまうと、犬が大人になった頃に問題行動で大変なことに……。

犬を飼うには強い心が大切なんですね。

 

 

 

3,飼い主の環境にあった犬を飼うことが出来る。

犬の外見に惚れちゃうと、「どうしてもこの犬飼いたーい」になっちゃうとは思うのですが、その犬が飼い主の暮らし方と相性がいいとは限らないみたいです。

個体差は勿論あるのですが、犬種によってある程度、性格や性質は決まっているのだそうです。

そのため、運動音痴一家が運動大好きな犬種を飼った場合、毎日運動をしないといけないため、とても大変だとのことです。

前にテレビで家を破壊する犬を馬鹿犬と紹介していたのですが、すごく活発で活動的な犬だということが犬を飼ったことがない私にも伝わってきました。

でも、飼い主は老人ということもあって、あまり長時間散歩に連れていかないとおっしゃっていたように思います。

家を破壊していた犬はきっと運動不足なのでしょうね……。

つまり、運動不足の犬って何かしちゃうんだと思います。

テレビのお陰で、犬を飼う前に自分の環境に合う犬種を調べて、見つけることが大切だと知りました。

最初から、飼い主の環境にあった犬を飼うことが出来れば、犬の問題行動で悩む家庭は減るのではと個人的には思うのですが、そう簡単な問題でもないのかもしれませんね。

 

 

 

4,犬にあった環境を作ることが出来る。

テレビとかを見た影響で、犬はサークルの中にベッドとトイレを置いておくものらしいと思っていたのですが、本当は違うんだそうですね。

犬はベッドとトイレは本来、別々にするのが本当で、犬が成長すると寝床の隣にトイレを置いておくと、そこでおトイレをしなくなることがあるのだとか……。

そうなると、しつけに時間が掛かるので、トイレと寝床を分けてしまったほうが、犬も早く新しいトイレの場所を覚えるから楽なんだとか……。

でも、住まいの関係でトイレと寝床を分けることが出来ない人もいるらしく、大変みたいです。

他にも、雷や花火といった大音量でパニックになる犬にはあまり音が聞こえない逃げ込める安全な場所を作ってあげる必要もあるとのこと。

雷はいつ鳴るのか分からないので、犬も飼い主の方もとっても大変だと思います。 

 

 

 

5,腕力と体力に自信がある(大型犬・中型犬用)。

力が強かったり若い犬の場合、散歩の時、すごく引っ張るのだそうです。

私は子どもの頃、知り合いのお宅のシェットランドシープドッグの散歩をしたことがありますが、かけっこ状態でした。

本当なら、引っ張らないようにしつけるのが正しいとは思います。

でも、犬を飼ったことがない身としては、引っ張らないしつけが完了するまでは引っ張られることが前提だと思うんです。それまでは腕力と体力勝負だと思います。

リード1本だけが犬と飼い主を繋ぐ紐となると心もとないと思いますが、今はハンズフリーリードというものがあるのだそう。 

 

 

 

6,踏ん張り力に自信がある(大型犬・中型犬用)

 大型犬や中型犬に飛びつかれたら、押し倒されてしまうそうです。

散歩の引っ張り癖を直す時もいかに飼い主が犬の引っ張りを踏ん張れるかに掛かっていると言います。

なお、引っ張り癖矯正のアイテムにジェントルリーダーという犬が引っ張ると顔が自然と横を向いちゃうものも発売されています。しかし、犬がつけるのを嫌がるようになったら、やっぱり踏ん張り力が物をいうのではないでしょう。

 

 

  

7,自分の性格はリーダータイプで、甘えるより甘えられたいタイプ

犬と人間の歴史は人間が群れのリーダーに従う犬の性質を利用して、仕事の相棒にしたというのが始まりです。

つまり、人間がリーダーとして機能しないと犬は従わないどころか、群れにはリーダーがいるものだという決まりがあるので、自分がリーダーになってしまうのだそう。

しかし、一方で犬にとって、自分がリーダーになるのはとても負担なんだそうです。

個人的に犬は交配の過程で、人間に反抗するようなリーダー気質の犬を交配から弾いて、群れに従うのが得意な犬を中心に交配したからかなと思うのですが……。

犬は自分を守ってくれたり、導いてくれる尊敬出来る系の人をリーダーと認めるのだそうです。

そのため、ナウシカのような聡明で、穏やかで、しかし、毅然としているような心の強い人が犬にとっては理想なんだと思います。

 

 

  

最後に

私は秋田犬と柴犬とパピヨンとボーダーコリーが大好きなのですが、残念ながら、家族にアレルギー体質がいる上に、犬の可愛さに負け、甘やかす自分は想像出来ても、きちんとしつける自分は想像できないため、犬を飼う機会はないだろうなーと考えています。

犬を飼っている友達を作って、遊ばせてもらいたい今日この頃です。

このチェックリストは犬も飼ったことがない上に、専門的な知識もない単なる犬好きの私がお遊びで作ったものなので、真に受けないで下さいね。お願いします。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。