読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもに、「犬飼って」と言われた時の対処法を考えてみた。

動物は大好きなのですが、飼うことは出来ません。飼ったこともありません。精々、余所の犬のお散歩をさせてもらったくらいです。

私に出来るのはヤフー知恵袋で犬に対するお悩みを見たり、犬のサイトを読むだけです。

そんな中、「子どもにねだられて犬を飼った」という知恵袋の質問を見つけ、私は子どもの頃、典型的な親に、「犬飼って」とねだりまくっていた子どもだったことを思い出しました。

こういう時、「どうすればいいだろうな……」と思った私は当時を振り返りながら、考えてみることにしました。

ちなみに、私に子どもはいないので、子どもに犬をねだられて困るという予定はないです。

 

 

犬をねだった当時の私の心情を思い返す。

テレビかなんかで人間と仲良く遊ぶ姿を見て、一緒に遊びたいと思ったんだと思うんですけど、犬を動くぬいぐるみ程度にしか考えていなかったと思います。

とにかく、動くぬいぐるみと遊びたいという気持ちが強いので、親に、「犬は生き物」「犬はトイレの世話がある」という当たり前のことを言われてもその場しのぎの、「お世話出来る」といった嘘を重ねていました。

子どもの私が思う犬のお世話ですから、ぬいぐるみを撫でりんこするレベルのものであるのは推して知るべしです。

子ども時代の私が犬を飼ったとしても世話はやらないでしょう。金魚の世話もやりませんでしたし。

実際、当時、子どもにねだられたかなんかして犬を飼った家がちらほらありましたが、母親が世話をするというパターンがほとんどでした。

ネットや本では活発なゴールデンレトリーバーを結局、母親が力負けするため世話しきれず、鎖に繋ぎっぱなしにしたまま、生涯を終えさせたという人間にとってもゴールデンレトリーバーにとってもバッドエンドみたいな終わり方が多数あります。

 

 

犬を飼わないパターン

子どもは「飼って」と永延と言い続けますが、無視が1番最適な気がします。

その内、子どもも諦めます。というか、諦めざるを得なくなります。

動物園や猫カフェにつれて行って、動物と触れ合わせるのは動物が家にいてほしいという思いが強まる可能性があるので、やめたほうがいいと思います。

子どもが動物以上に面白いものがあると思わせる何かを見つけることを願いましょう。

 

 

犬を飼ってもいいパターン

ここからは犬を飼ってもいいかなと思っている人向けの記事です。

飼う前にやっておいてもいいんじゃないかなというものを書いています。

 

 

子どもと犬の勉強をする。

犬を飼うには色々と準備したほうがいいです。

道具を揃えるだけではありません。

あまり犬の勉強をせずに道具を揃えて、いきなり飼い始めたような人がネットで見受けられるのですが、様々な問題に困っている方が多いように思います。

そのために、まずは勉強をしたほうが無難だと感じます。

図書館やネットで犬について書かれたものはたくさんあります。

 

犬種と特徴

しつけ方

カーミングシグナル

 

カーミングシグナルというのは犬が感情表現に使うジェスチャーのことです。

 

 

大人に知っておいてほしいこと

子どもの夢を壊すような現実もあります。

 

犬種

犬種によって吠えやすいもの、噛みやすいもの、運動量が多いものと様々あり、ライフスタイルにあった犬を飼うことが問題減少に繋がると思います。

余程出来た子どもじゃないと犬の世話はしないでしょうし、そもそも犬種によっては力が強いので、子供にしつけをさせること自体がリスクを伴います。

飼い主の横を犬がお利口に付いて歩くというお散歩風景がありますが、ネットでは散歩中、犬に引っ張られて困るというお悩みがとても多いです。

飼い主とお利口にあるく犬と言うのはしつけの賜物なんだと思います。

力が強い犬を散歩していた女性が引っ張られた拍子に肩を脱臼したという話もあります。

人気の犬種は需要を満たすための乱繁殖により、凶暴だったり臆病な性格の犬が中にはいるようです。

 

 

犬のトラブルと問題行動

犬の無駄吠えによるご近所トラブルは裁判になった例もあるそうです。

飼い主が気付かない無駄吠えのパターンとして分離不安という症状があります。これは家族が不在の時に、家族を呼ぶために近隣に響き渡るくらいの大声で吠えるというもので、犬によっては飼い主が外出した朝から飼い主が帰宅する夜になるまで吠えていることもあるといいます。

 犬が人間に噛みつくというトラブルは世界中で起きていて、特に乳幼児がいる家は要注意です。大型犬にとって乳幼児はくわえるのに丁度いい大きさらしいです。

犬と子供が仲良くしている例もたくさんありますが、自分の飼い犬が、飼い主が産んだばかりの赤ちゃんを獲物として狙いだしたという例もテレビ番組で見ました。

今後も妊娠出産の計画がある、乳児がいるという場合は狩猟本能が強い狩猟犬や大型犬を飼うのはやめたほうが無難だと思われます。

犬が運動不足だったり、人と遊ぶ時間が足りないと無駄吠え・家具破壊・噛みつきなどの問題行動を起こしやすくなるといいます。

 

 

 

犬の習性

人間と仲良く暮らす犬を見ていると、随分とお利口なんだなーと思うのですが、しかし、実際は基本は犬の習性を利用して、しつけを根気強く行った結果と、人が犬の習性を理解して、犬と接した結果だそうです。

犬と良い関係を築いている飼い主さんにしつけの話を聞けば、苦労話がたくさん出てくることがほとんどでしょう。

犬は家族を1つの会社と見なし、社長、部長、平社員と順位付けしているといます。

犬にとって社長はワンマンな独裁者であり、部下の言うことを無視してもいいのです。

そのため、犬が「自分が社長なのだ」と勘違いした場合、ワンマン犬社長の問題行動を部下の人間が止めるのはとても大変なことだそう。

 

 

 知能が高い犬だからこそ、トラブルもある。

犬は肉食動物なので、他の動物に比べたら、猟で頭を使うため知能が高いです。

しかし、人間のように理性が発達しているわけでもないようですし、我慢が得意というわけでもありません。

運動不足でストレスが溜まったら、無駄吠えや家具を齧って破壊なども行うといいます。ダメと分かっていても衝動に負けるのだと思います。

他にも悪知恵が働いたり、様々な感情を持っていて、人の気を引くため、わざと悪さをすることもあります。

そして、知能が高いからこそ、いたずら防止のためにもしつけが大切だといいます。

 

 

まとめ

家族が多忙な家の場合、犬を飼うことそのものが向いていないと思います。

うさぎなど犬ほどしつけが不要で、無駄吠えなどのトラブルも少ない動物もありますから、犬以外の中から検討したほうがいいと思います。

私の両親は「犬を飼って」と私に言われても、無視し続け、私も諦めました。

しかし、犬や動物が大好きなので、本だけは読み漁りました。

そのため、この記事は私が得た知識を元に書かれたものであり、経験に基づくものではありませんから、鵜呑みにしないで下さい。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。