読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父の日に日本酒とセットでプレゼントしたい珍味10選

f:id:aisakayo:20170506154516j:plain

何かで読んだ父の日特集の中に、日本酒をプレゼントしようというものがあり、頷いて読んでいたのですが、ふと、「日本酒だけだとちょっと寂しくない?」と思いました。

というのも、漫画「酒のほそ道」を読んでいると、珍しい日本酒に負けず劣らずの珍しい珍味を、日本酒と一緒に美味しそうに食べているんですよね。

私はお酒を飲まないですが、日本酒と珍味は合うという言葉はよく聞きます。

確かに、私の周りにいる日本酒が好きな人も珍味が好きというイメージがあります。

お酒を飲まない私が書くというのがさしでがましいですが、日本酒党が喜びそうな日本酒に合いそうな珍味を集めました。

父の日に日本酒好きのお父様へ日本酒とセットでプレゼントすると喜ばれるかもしれません。

 

 

 

牡蠣の塩辛

日本酒の肴に 広島産 牡蠣塩辛 55g入り2本セット (小瓶/化粧箱入り)

ネット通販でも最低価格が70グラムで1000円というお高い商品で、贈り物に最適です。

かなり塩辛い商品もあるようですが、牡蠣のうまみを感じるといいます。

塩分が気になるという人は自宅で作るという方法があります。

ただ、父の日がある6月は冬場に流通している真牡蠣の旬ではなく、岩牡蠣の旬になります。

岩牡蠣もお高いし、塩辛に加工しなくても充分おいしいですよね。食べたことないですけど……。

 

 

 

めふん

【厳選の逸品】 北海道地場の味 北海道 別海町産 メフン 1パック 100g

見た目のインパクトがすごいですが、鮭の腎臓の塩辛で、北海道の珍味です。

 血合いの塊なので、生臭いので、苦手な人もいるようです。

ネットで検索すると、おろし生姜と一緒に食べると生臭みが抑えられるようですし、ブルーチーズといったようなくせの強い食べ物と合うみたいです。

プレゼントとしては難易度が高いかもしれません。

 

 

 

酒盗

まぐろやかつおがメジャーですが、様々な魚の内臓の塩辛です。

サンマで作ったものもあるようで、最近では魚の身も入れたものがあるようです。

こちらもめふん同様生臭いそうで、やっぱりクセがある香りのチーズとかと合わせているものが多いです。

 こちらもプレゼントの難易度は高いかも。

 

 

このわた

極上の珍味 『 このわた 』 日本3大珍味 国産 60g 冷凍 瓶詰め

このわたはナマコの内臓の塩辛です。歯ごたえが良いのが特徴です。日本三大珍味でもあるそう。

子どもの頃、一度だけ食べたことがあります。

しょっぱいのですが、すっごくご飯に合って感激した記憶があります。

父は日本酒を飲むが、自分は日本酒を飲まないという方でも、万が一、父がこのわたを好みじゃないといった場合、ご飯のおかずになる可能性があります。

 

 

 

ままかり

新潟 三幸 黄金ままかり(甘酢味) 1kg V-03 第47回全国水産加工たべもの展農林水産大臣賞受賞

お隣の家にご飯を借りてでも食べたいという伝説がある食べ物。これだけ聞くと、日本酒というよりはごはんのお供な感じがしますが、日本酒に合うと言われています。

ままかり(サッパ)というお魚の酢漬けで、岡山の名物だそう。

〆サバが好きという人は好きとのこと。

この手の酢漬けは、〆加減次第によっては好みが分かれるところです。 

 プレゼントをする時は商品の〆加減と相手の好みを確認しておく必要がありそうでエす。

 

 

フナ寿司

鮒ずし(ふなずし スライスタイプ 大サイズ)

フナを塩とお米で乳酸発酵させた食べ物です。

そのため、臭いが強烈ということで知られています。

現代のお寿司の原型で、飯寿司(イズシ)と呼ばれるものです。

フナ寿司ではありませんが飯寿司は食べたことがあります。やっぱり、酸っぱい上に、種類によってクセがありますし、生臭いものもあります。

 

 

 

ホタルイカの沖漬け

ホタルイカの沖漬け 220g

沖漬けとは本来、船上で、生きたままいかを醤油などを混ぜた調味液に入れた料理のことを言います。今では醤油をベースにした漬け液につけた魚類といったところ。

ホタルイカの場合は内臓に寄生虫がいては困るので、イカを冷凍処理をしてから、調味液に漬けるとのこと。

ホタルイカ以外にも生シラスの沖漬けや真イカの沖漬けもあります。

私は沖漬けは真イカのものしか食べたことはありませんが、強烈な生臭さというものはありませんから、嫌がる人というのは少ないと思います。

 

 

 

 

からすみ

博多食材工房 本からすみ (小)業務用 70g(Sサイズ)カラスミ 6個より特典あり (別途記載1)090-314

日本三大珍味の1つだそう。

ボラの卵の塩漬けを乾燥させたものです。

味はねっとりとしていて、クセがないそう。

しょっぱいので、薄切りにした大根と一緒に食べることが多く、パスタなどの料理にも使えるとのこと。

ただ、ネットのレビューの中には、同じ商品でも「おいしい」と書かれているものと「乾燥していてねっとり感がない」「味が薄っぺらい」といったようにま逆の感想が2つあるものがあります。

 ただ、有名どころではあるので、父の日のプレゼントとしてインパクトはあると思います。

 

 

塩ウニ

海峡甘塩ウニ (白) x2セット

これも日本三大珍味だそう。

日本酒以外にもご飯にもよく合います。

先日、スーパーで塩ウニを買いましたが、その商品は生臭かったので、当たり外れがあります。

しかし、おいしいものはしょっぱさの中に、甘みがあってとてもおいしいものです。

 

 

 

あん肝

築地の王様 あん肝 あんこうの肝 250g ×2パック 常温保存ですぐに食べられます 正規品 未成形タイプで形崩れの場合もあります あんきも あん肝ポン酢 アンキモ アン肝

あんこうの肝です。

日本酒によく合う珍味として人気があるようですが、個人的には独特の風味が苦手で、食べられません。

海のフォアグラと言われ、複雑な風味と濃厚さがウリです。濃厚な部分は私も好きなのですが……。

脂が多いので、お年を召した方にはちょっと胃もたれになるかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

日本酒が好きな人は珍味も好きそうなイメージがあるということで、父の日向けのギフトとして日本酒と一緒にプレゼントをするのはどうだろうかということで、この記事を書きましたが、全て海鮮物になりました。

そのため、商品によっては生臭さやクセが強いものが存在します。

出来ることのほうが稀ですが、贈り物として買うのなら、味見をして選びたい商品かもと思いました。

店頭だとパッケージしか確認することしか出来ないことがほとんどですが、ネット通販の場合、商品のレビューを確認することが出来るので、それは心強いと思います。

珍味といったざっくりとしたワードで調べると、いっぱい出てきて困っちゃいますので、ご興味がある方は『塩辛』といった商品名で検索をして、レビューを確認してみて下さい。 

  

ここまでお読みいただきありがとうございました。